(Google Search Console)HTMLファイルを上手くアップロードできない時に確認してほしいこと(初心者向け)

 どうも、ブログ初心者の陽野一です。

 ブログを運営していると、今まで触れたことがないような事柄に触れなければなりません。

 例えば、HTMLファイルのアップロード。

 知識のある人にとっては何てことないような作業でも、初心者にとっては難しく、一苦労も二苦労もするようなことが多々あります。かくいう私も、そんな1人です。

 当ブログは私1人で運営していますが、パソコンやデジタル関連には疎いので、開設には相当の労力を有しました。もちろん今もです。

 さて、先日Google Search Consoleのアクセス権がなくなってしまいました。

 自分のサイトの状況が確認できないのは困りますし、何よりこれまで問題なくアクセス出来ていたのに、そうでなくなったという状況が非常に気持ち悪いです。

 そんな状況を打開しようともがいた結果、学ぶことがあったので、今回は覚書としてまとめていきたいと思います。

 ではいってみよー。

スポンサードリンク

そもそもHTMLファイルのアップロードって何?

 って思うのは、私だけでしょうか?

 HTMLファイルをアップロードって簡単に言いますが、サイト名(私の場合はyokozuki-hh.com)にアップロードって、どうやって? って思いません?

 私は、最初にブログをGoogle Search Consoleに登録した時にはDNSコードというものを、利用しているレンタルサーバーであるXサーバーの設定画面から登録し、自分のサイトをGoogleに認識してもらっていました。

 でもアクセス権がなくなった後、再登録してみても、どういう訳か上手くいきませんでした。きっとこちらに落ち度があるんでしょうが、それが何なのか、調べても分かりません。

 仕方なく別の方法を試すことにしましたが、「ファイル」を「アップロード」??

 確認用のHTMLファイルをダウンロードするところまでは出来ましたが、アップロードの仕方が調べてもよく分かりません。FTPを使うとか言われて、分かりますか?

 時間も掛けてられないので、仕方なく Google Search Console に登録していたプロパティを削除して、新規登録と同じことをすることにしました。すると、案外すんなり分かりやすい登録方法が分かったので、HTMLファイルをアップロードすることにしました。

確認用HTMLアップロードの方法

 まず簡単に、HTMLファイルをアップロードする方法をまとめておきます。

 おそらくこの記事に目を通している人は、アクセス権を失っている人だと思うので、一度は Google Search Consoleに触れたことがあるのではないでしょうか。その前提で話をさせていただきますと、そのアクセスできないプロパティを削除します。

 何故かと言うと、初期設定の方法は調べると簡単に見つかりますが、設定し直す方法は見つけにくいので、最初から設定した方が簡単だと思います。プロパティは削除してしまっても、上手く再登録できれば解析データを引き継げます

 削除したら、URLプレフィックスの方を選択し、あなたのサイトのURLを入力、続行を押します。

 ちなみに、削除しなくてもHTMLファイルのアップロードは出来ます、多分。

 ただ私がそうしなかったのは、自分の無知さと作業の煩雑さに苛立ったからです♪

 次に所有権の確認の画面になりますので、HTMLファイルを選択し、ファイルをダウンロードします。

 この際に注意です。ダウンロードするファイルは、ファイル名を変更することなく、そのままダウンロードします。名前を変えてしまうと、Googleが認識してくれません

 ダウンロードしたファイルを保存したら、ご自身の借りているサーバーに別タブでアクセスします。私はXサーバーを利用しているのでXサーバーで説明します。

 Xサーバーにアクセスしてログインボタンの上にマウスのカーソルを乗せると、ログイン先の選択肢が表示されますので、ファイルマネージャーを選択してログインします。ログインのIDとパスワードは、ご自身のサーバーパネル用のIDとパスワードでも代用できるようです。

 ログイン出来たら、ファイル名のところでファイルをアップロードしたいサイト名をクリックします。私の場合は、「 yokozuki-hh.com 」というファイルになります。

 次に、public_htmlというファイルをクリックします。

 次に、画面右側にある「ファイルのアップロード」という欄から「ファイルを選択」し、先程保存したHTMLファイルを開きます。

 開いたら、アップロードのボタンを押します。

 アップロードしたファイルが、ファイル名のところに追加されていることを確認します。上の画像で、黒塗りになっている部分が私のファイルです。

 無事に追加されていたら、 Google Search Consoleのページに戻り、確認ボタンを押します。

 これまでの操作が上手くいっていれば、確認ボタンを押してすぐに登録が完了するはずです。

万が一上手くアップロードできない時に確認してほしいこと

 ここが、私が今回伝えたいところであり、私がつまずいたところです。

  それは、Google Search Consoleで確認用のHTMLファイルを「そのまま」保存しているか、ということです。

 どういうことかと言うと、確認用のHTMLを複数回ダウンロードしてしまうと、ファイルの名前+(ダウンロードした回数分の数字)というファイルが出来上がってしまいます。これをそのままアップロードしてしまうと、ファイルの中身とファイル名の不一致が起こり、正常に認識してくれなくなります。

 何かの拍子で上手くいかず、確認用のHTMLファイルを再ダウンロードしたファイルの名称をそのままにしておくと、同じファイルが複製されることになるため、複製された分の数字が追加されたファイル名になってしまうのです。上の画像だと、赤い枠で囲った部分です。

 そのため、「そのまま保存」というのは、ファイル名を絶対に変更しないという訳ではなく、ファイルの中身と名前が一致している状態をそのままにしておく、ということです。

 このことに気付かず、ファイル名を変更していないのに上手く認識されないと悩み、操作ミスへの不安から同じ名前のファイルを何度もダウンロードする、という状態に陥ってしまいました。

 もし同様の現象に悩んでいる人がいれば、確認用のHTMLファイルに追加された(数)の部分を消したものをアップロードしてみて下さい。ファイル名が変わってしまったことが原因であれば、今度は上手く認識してもらえるはずです。

さいごに

 いかがでしたか?

 誰にも頼れない状態でサイトを運営していると、調べものに時間が掛かり、記事の作成に時間を充てられず、イライラしてしまうこともありますよね。

 そんな時こそ落ち着いて、トラブルの原因を一つ一つ確かめていくことが大切だと思います。

 偉そうな事言ってる私も、日々上手くいかないことに頭を悩ませながら、それでも書くことが好きなのでブログを書いています。

 好きこそものの上手なれ。

 下手の横好き。

 好きなら、頑張れるのです。

 そして、当記事が、あなたの「好き」を継続するのに役立てたのなら、幸いです。

 ではまた。

スポンサードリンク

コメント