【ガチャガチャ】だんごむし まるまるスイングを入手したのでレビュー!

ガチャポン

 だんごむしガチャに魅せられました、陽野一です。

 第2弾の発売から追い続けているだんごむしガチャですが、○○弾が付かない商品「まるまるスイング」を、やっと入手することが出来ました。

 6月第5週に発売された商品ですが、私が入手できたのは8月上旬でした。発売から1カ月での入手ですね。

 前回の第3弾の商品も、発売から1カ月半ほどの期間を経て入手してレビューしているので、私の住んでいる地域には発売日の1カ月ちょっと遅れでやってくるのでしょう。

 これだから田舎は。

 実家よりは都会に住んでるんですけど、ガチャポンの機械が置いてあるお店を巡るだけで結構大変だったりします。

 それでも、過去の経験からだいぶお店を絞れるようになったので、探す手間は省けましたけど。

 そんなこんなで、今回も無事に入手できましたので、レビューしていこうと思います。よろしくお付き合いください。

 では、行ってみましょう。

スポンサードリンク

今回は650倍スケール

 だんごむし01~03までの商品は、実物大の1,000倍のスケールでした。全長にして約15センチで、成人男性の私の掌にすっぽりと乗っかるサイズです。

 しかし今回の「まるまるスイング」は650倍スケールとなっており、全長も約11センチとなっております。

 並べてみると、親子に見えるようなサイズ差です。

 従来品と比較して二回りも三回りも小さい本品ですが、丸くなる機構も小型化して搭載しています。丸くなった際の固定用のピンの形状は異なっていますが、それ以外は完全にスケールを小さくしたものになっています。

 可動部があるものを構造を変えずにただ小さくするって結構大変なことなんじゃないかな、と思うんですけど、可動箇所の省きはなく、見事に小さくなっています。

 ちなみに今回もカプセルレスとなっており、丸まった本品がフィルムに包まれた状態でガチャマシーンから排出されます。ただしサイズが小さい分、排出されたときのシュールさは減っています。1,000倍だと「ゴロン」っていう感じに出てきますが、650倍だと「コロン」っていう感じですね。

 また本品の最大の特徴として、ボールチェーンが付属します。だんごむし本体の第三関節に穴が開いており、ボールチェーンと一緒になっているピンを差し込んで回転させることで本体と接続し、鞄などに付けられるようになっています。

 カラーバリエーションは黒、白、水色、紫、ピンクの5色です。

 私は4つ購入して、黒、紫×2、水色、となりました。紫の2つは、友達と妹にあげました。

実際に鞄につけるとどうなるのか

 前述したように、本品はボールチェーンが付属し、鞄などに付けられるようになっています。

 妹にあげると、次の日には鞄につけていましたが、その次の日には取り外してありました。どうしたのかと尋ねると、

「チェーンが壊れた」

と言うのです。

 確かに本品はそれなりの重量があるので、鞄に付けた状態でプラプラさせると、鞄やチェーンに負担が掛かると思います。

 ですので、個人的には付けない方が良いのではと思います。

 それでも付けたいという場合には、揺れないように工夫するか、ボールチェーンではない方法で付けるようにした方が良いと思います。

 スケールダウンしているとは言え1個500円しますし、外出先で失くさないためにも付けないか、失くしにくい工夫をすることをお勧めします。

遊びすぎると丸まらなくなる

 サイズ感も控えめで可愛らしい本品ですが、ピンの形状が1,000倍の方とは異なります。

 どう異なるのかと言うと、1,000倍の方はピンが斜めの向きについています。そのため、丸めた状態から開く場合には、単純に左右に開こうとするのではなく、斜め方向に力を加えながら開きます。

 だんごむしの内側には脚がぎっしりと入っているため内側からの圧が掛かりますが、ピンが斜めであることで簡単には開かないようになっています。

 一方、「まるまるスイング」の方はピンが真っ直ぐになっています。また、当然と言えば当然ですが、ピンの長さも短くなっています。

 そのため、丸めた状態を維持しにくくなっています。開封後、数回遊んだ時には丸めた状態で固定できましたが、今となっては困難です。

 商品ごとの個体差の影響もあるかとは思いますが、構造的にも開いてしまいやすいように思います。

 実はこういった理由もあるので、やはり鞄につけるのは個人的にはお勧めしません。途中で中途半端に開いてしまうと思います。

 そういうわけで、私はチェーンは付けずに開いた状態にし、机の上に飾っています。他の弾のサイズと一緒に並べると、親子とか兄弟みたいで可愛いですよ。

 なお、チェーンのピンを差したまま開くと、ピンと外殻が干渉して開き切りません。ですので、開いた状態で飾る場合にはピンは抜いてしまった方が良いです。

さいごに

 いかがでしたか?

 1000%スケールは大き過ぎて気持ち悪いけど、だんごむしには興味ある、という人にはぴったりなアイテムだと思います。

 いないか、そんな人。

 私は650倍スケールを手にして以降、1,000倍が少し大きすぎるような気がしてしまっています。

 いや、もちろん可愛いんですけどね?

 8月第2週に発売された第4弾も購入しますし、コレクションするんですけどね?

 ただやはり、愛嬌があるのは650倍の方ですね。机の上で1,000倍におんぶさせて飾ってます。

 気になった方は、お近くのガチャマシーンをチェックしてみてはいかがでしょうか。と言っても都会の方では販売終了しているかも知れませんが。

 繰り返しになりますが、田舎だと本当に季節商品に乗り遅れるというか、時季外れになるというか。

 それが嫌ならネットで購入しろって話ですが、ガチャポンはマシーンを回して買いたいんですよ。じゃないとガチャじゃないと思うので。

 なので、前者の季節感に関しては目を瞑っています。記事としての価値を上げたいのなら前者を選ぶべきなんでしょうが、ガチャに対する私のちっぽけなプライドは守りたいので、仕方ないですね。

こんな私のレビューで良ければ、また覗きに来てください。

 ではまた。

スポンサードリンク

コメント