モビルスーツアンサンブル14 ガンダムAGE-1&タイタス・スパローウェアセット レビュー!

ガチャポン

 こんにちは。陽野一です。

 さて、2020年6月第2週に、モビルスーツアンサンブル14が発売されました。

 今弾はモビルスーツアンサンブルで初めて変形ギミックを搭載したウィングガンダムの他、ゼータプラスやガンダムAGE-1がラインナップされました。

 私は正直思い入れのある機体はラインナップされていなかったので、今回は買わなくていいかなーと思っていました。

 ウィングガンダムはかっこいいとは思いますが特別好きなわけではない(YouTubeのガンダム公式チャンネルで視聴中)ですし、ゼータプラスは派生機の見分けがつかないニワカですし(ジェスタに踏みつぶされた機体?)、ガンダムAGE-1は初代ガンダムを思わせるシンプルなデザインを好意的に受け止めていますが、エイジシリーズで言えば白いAGE-2が好きです。

 そんな理由から、今回は買うつもりはありませんでした。

 でも、いざガチャポンの機械を前にした時、「変形するウィングガンダム、ちょっと欲しいな」と思いました。

 私はソシャゲのガチャ運は悪いですが、リアルガチャの運は悪くないんです。モビルスーツアンサンブル4.5ではνガンダムをフル装備にしたくて散財しましたが、他では一発で欲しいのを引き当てることもあるので、一回だけと思って回しました。

 1回目、タイタス&スパローウェアセット。これはガンダムAGE-1に換装する装備のセットになります。これだけ持っていても仕方ないと、お金を投入。

 2回目。武器セット。ガンダムAGE-1に装着できるエフェクトパーツなどが入っています。本体がなければ仕方ないと、さらにお金を投入。

 3回目。ガンダムAGE-1。

 心の中で安堵とガッツポーズ。合計1,500円使いましたが、被ることなくガンダムAGE-1をドレスアップすることが出来るようになりました。

 という訳で、ガンダムAGE-1とタイタス&スパローウェアセットをレビューしていきたいと思います。

 ではいってみよー。

スポンサードリンク

AGE-1ノーマルのレビュー

 まずは、AGE-1ノーマルをぐるりと見ていきましょう。

 シンプルという言葉が良く似合うデザインだと思います。

 初代ガンダムにそっくりですね。

 外観もさることながら、劇中での足音が地味に好きです。あの、ガチャンと言うような音です。気になる人は、YouTubeのガンダム公式サイトに第1話と第2話があるので、観てみて下さい。

 ビームサーベルは腰にマウントされていますが、バックパックから斜め上方にウイングが伸びているおかげで、シルエットもガンダムらしいものになっています。

 付属は、ドッズライフルとシールドになります。あと、胸部装甲の付け替えパーツが付属します。

 パーツを付け替えることで、左から右の状態に変化します。この違いは、エイジシステムを搭載しているかしていないかで、劇中第二部のアセム編ではエイジシステムがエイジ2に移植されているので、AGE-1は右の状態になっています。

 エイジシステム搭載の有無を再現できるのは芸が細かいと思いました。

 では、ポーズを付けてみましょう。

 ドッズライフルとシールドを構えて。

 うん、シンプルながらかっこいいです。

 ドッズライフルだけを構えて。構図によっては、悪役っぽくも見えると思うのは気のせいでしょうか。

 モビルスーツアンサンブルはたくさん持っている訳ではないので一概には言えませんが、AGE-1はフロントアーマーがあるにもかかわらず、膝立ちポーズを取らせることが可能です。

 そのおかげで、待機中のようなポーズを取らせることも出来ます。このサイズのフィギュアで膝立ちポーズが取れるって、結構すごいですよね。

AGE-1タイタス レビュー

 では次に、タイタス&スパローウェアセットを使用して、換装遊びをしていきます。まずはパワータイプのタイタスウェアから。

 一気にごつくなりました。

 頭部や胴体は共通ですが手足が太くなっているので、アンバランスになっています。それがこの機体の良さです。

 特に腕周りがムキムキに見えますね。仮面ライダーオーズサゴーゾコンボや仮面ライダーバルカンパンチングコングみたいでかっこいいです。

 フロントスカートがノーマルよりも小型なので、膝立ポーズがしやすいです。また、腕が少し長くなっているので、片膝をついて拳も地面につける、といったようなポーズも可能です。

 武器セットに付属するビームエフェクトを取り付けてみました。近接戦闘では無敵のスタイルです。ビームの出力を最大にして敵に突っ込んでいく姿は圧巻でした。

 余談ですが、このタイタスウェアは、第二部のアセム編では量産機にも使用されていました。そうした描写は個人的にすごく好きです。

スポンサードリンク

AGE-1スパロー レビュー

 ではお次に、スパローウェアを見ていきましょう。

 タイタスウェアと打って変わって、手足が細くなりました。

 この形態はスピードタイプで、高速移動をしながら実体剣の̪シグルブレイドで戦います。その動きはまるで忍者です。

 シグルブレイドも付属するので、ポージングの幅が広がります。逆手に持たせてもかっこいいです。

 また、シグルブレイドは腰にマウント可能です。マウントすることで、移動中のような状態を表現できます。

フリットじいちゃんの銅像 レビュー

 武器セットには、フリットじいちゃんの銅像フィギュアが付属します。

 よくこれを商品化したなあという感じです。

 フィギュア自体の全高は1.5㎝程度と小さいですが、作りはかなり精巧で、写真ではうまく写せませんでしたが、右手に持ったエイジデバイスも表現されています。

 ピントの関係で大きくは写せませんでしたが、蛍光灯の反射具合などから、かなり金属っぽさが出ていることは分かっていただけるのではないでしょうか。

 色味はもう少し明るいですが、くすんだ金色のような色をしており、本当に銅像みたいです。

 AGE-1ノーマルと並べてみました。劇中最終回の構図とは異なりますが、並べることで平和になった最終回を連想できます。

 ちなみに、最終回で博物館に展示されているAGE-1ノーマルはエイジシステムは搭載されていないのでAの文字はないですが、Aはこの機体のアイデンティティだと思うので、こちらの状態にしています。

さいごに

 いかがでしたか?

 ガンダムエイジシリーズは不人気作品と言われていますが、機体自体はシンプルでかっこいいと思いますし、サイズの割に相変わらずの精密造形ですので、好きな人は手に入れる価値があると思います。

 タイタス&スパローウェアセットがあれば遊びの幅はグッと広まりますし、見かけた際には回してみてはいかがでしょうか。

 ただ、発売から1カ月程度が経過してしまっており、商品が売り切れてしまっている場合もあるかも知れません。

 知るのが遅くなってしまったけれどどうしても欲しい、という人には、少し値が張ってしまいますがコンプリートセットを買うという手もあります。

 高い金を払うくらいならまだ売ってる場所探す! という人は、県庁所在地で一番大きな駅に行ってみると、それなりの台数のガチャがあるかも知れません。あとはドラッグストアや、大きめのツタヤなんかにも置いてあるようなので、行ってみて下さい。

 ちょっとした地方都市ですと、入荷時期の関係でまだ売ってたりします。頑張って探してみて下さいね。

 ウイングガンダムのレビュー記事も書いたので、よかったら読んでみて下さい。

 ではまた!

スポンサードリンク

 

コメント