モビルスーツアンサンブル15 ガンダムデュナメス&追加武装 レビュー!

ガチャポン

 こんにちは、陽野一です。

 さて、今回はいよいよガンダムデュナメスをレビューしていきます。これまでリゼル、エクシアとレビューしていきましたので、モビルスーツアンサンブル15にラインナップされた商品最後のレビューとなります。

 他の商品のレビューもぜひ合わせて読んでみてください。

 ではいってみよー。

スポンサードリンク

デュナメス本体をレビュー

 まずはデュナメス単体を見てきましょう。

 まーたちょっと画像が傾いてます。ほんとすみません。

 エクシアが曲線を多用しつつ直線的でスマートなシルエットであったのに対し、デュナメスは全体が直線で構成されています。

 色合いからしてミリタリー感が強く、私の中では「兵器だな」という印象を持ちます。色味は重厚そうに見えますが、エクシアに負けず劣らずのスリム体型なんですよね。個人的にはエクシアよりも好きなデザインです。

 エクシアのようにクリアの別パーツはありませんが、ツインアイ部分はクリアパーツになっているほか、塗分けも綺麗です。

 頭部はエクシアのものよりやや小さく、肩を軸の奥まで差し込んでも頭部と肩部の間に隙間が生まれます。

 付属品は2枚のGNシールドとGNビームピストルになります。ビームピストルは膝の受けに接続可能ですので、ここにマウントすればガンホルダー収納状態っぽくすることも可能です。

 パーツ構成はこんな感じです。エクシアでは取り外し可能だったGNドライブのコーン部分は一体型となっているので、取れてしまう心配はありません。

 ではいくつかポーズを取らせてみましょう。

  片膝をつきながら、GNビームピストルを構えて。フロントアーマーが大きめなので膝をつけないかと思いましたが、大腿部が細く横に逃がすことが出来るため、また膝ガードの部分が前方に張り出しているため、安定して膝立ポーズを取らせることが可能です。可動域が申し分ないので、これくらいのポージングが余裕で出来るのは嬉しいです。

 二挺のハンドガンを正面に掲げて、OP1のシーン再現っぽくしてしてみました。両手に武装を持たせられるのっていいですよね。シンプルゆえのかっこよさのようなものがあると思います。

 両肩シールド+エクシアのGNビームサーベルを持たせて。肩の軸を浮かせることでいかり肩にすることができ、より迫力のあるポーズを取らせることが可能です。

スポンサードリンク

武器セットを装備させてレビュー

 武器セットのうち、デュナメス用のものはこちらになります。

 GNスナイパーライフルは分割式で、二つのパーツを組み立てることで作り上げます。大きい方のGNシールドは小さい方の位置を変更して取り付けることで、フルシールド状態を再現させることが出来ます。シールドの裏にはR/Lの表記があるので、左右で迷った場合には裏面を確認してみてください。

 では、武装セットを装備させた状態をぐるっと見ていきましょう。

 GNスナイパーライフルの存在感が分かっていただけたでしょうか。装備モリモリになり、かっこよさが倍増しました。フルシールドのお陰で横幅が増し、シルエットも大幅に大きくなっています。

 シールドは基部に横軸があるため、前方に展開することも可能です。シールド本体には可動箇所はないので、変形させたシールドから銃口を向ける、というようなことは出来ません。

 また、この状態をさせる時にはスナイパーライフルを外すか、スタンドを用いて機体の位置を上げてあげないと、スナイパーライフルが干渉して立たせることが出来なくなります。

 ではフル装備状態でいくつかポーズを取らせてみましょう。

 後退しながらの狙い撃ち。OOはまだ視聴中ですので勉強不足な面はありますが、精密射撃特化の機体が前面に展開するようなことは少ないだろうと思い、後退させてみました。左手を寄せるようにすることで、銃身に手を添えているようにポーズさせることが出来ます。

 片膝ついてのスナイピング。重心が前方に偏るため片膝立ち出来ないかと思いましたが、GNビームピストルを支えにしてあげることで見事に片膝立ちさせることが出来ました。このポーズ、めちゃくちゃかっこいいです。ロックオンの声が聞こえてきそう。

 長距離射撃戦をしていたら敵の接近を許してしまい、近距離での射撃戦を強いられた、の図。装備を追加しても可動域は変わりませんし、パーツの脱落もほとんどないので、非常に遊びやすいです。

 サムネに使用した画像と同じものです。GNスナイパーライフルを右肩に装備させ、左肩のGNシールドを小さい方にすれば、OOの公式サイトの機体解説画像と同じ状態にすることが出来ます。

さいごに

 いかがでしたか?

 デュナメスの兵器らしくもスマートなシルエットを丁度よく落とし込んだデフォルメフィギュアだと思います。可動域も申し分なく、膝立が可能なのことでポージングの幅が広い、素晴らしいキットだと思いました。

 エクシアもいいキットなのですが、動きそうに見えて意外と動かないというのが、どうしても自分の中で引っかかってしまっています。半面、デュナメスはしっかりと動いてくれたので、相対的な満足度はエクシアよりも高いです。

 単体でも付属品が多くて十分楽しめるのですが、やはり武器セットの追加武装が揃うとよりデュナメスらしさを楽しめると思いました。

 お手軽価格のデフォルメフィギュアが好きという人、ガンダムデュナメスが好きだという人にはおすすめ出来る商品だと思いますので、気になった人は、ぜひチェックしてみてください。

 最後に、エクシアと背中合わせで射撃戦をするデュナメスの図をどうぞ。

 来年1月に発売される第16弾にはガンダムキュリオスほかフラッグ2種、Hi-νがラインナップされるらしいので、叶うならまたコンプリートしたいです。バーチェはνガンダムみたいな形式を取ればラインナップ出来る気がしますが、今後登場してくれるんでしょうか。

 その辺にも期待しつつ、次弾の発売も待ちたいと思います。

 ではまた!

スポンサードリンク

コメント