モビルスーツアンサンブル15 リゼル&拡張セット レビュー!

ガチャポン

 こんにちは、陽野一です。

 10月第5週に、モビルスーツアンサンブルの第15段が発売されました。

 この弾には私の大好きな作品である機動戦士ガンダムUCから可変量産MSのリゼルがラインナップされることを知っていたので、発売されたら絶対手に入れたいと思っていました。

 リゼルというモビルスーツについて簡単に説明すると、変形機構を搭載した量産機なのですが、扱いの難易度が非可変機に比べて高いので、あえて性能を抑えた「一般機」と、本来の性能を引き出せる「隊長機(C型)」の2種が存在します。この2種の外観上の差異は、センサーの色とバックパックの形状になります。

 で、今回ラインナップされたリゼルは一般機なわけですが、隊長機に組み替えることが出来る「拡張セット」も同時にラインナップされていたので、2種を揃えるためにリゼル2つと拡張セットの計3個がうまいこと出ればいいなと思いながら、行きつけのお店でガチャを回しました。

 するとなんと、奇跡が起こり、今弾を最短回数でコンプリートすることが出来ました!

 こんなことってあるんですね。正直言って他の商品も欲しかったので、私のガチャ欲は過去最大レベルで満たされました。

 ちなみに今弾のラインナップは前述のリゼル、リゼル用拡張セット、ガンダムエクシア、ガンダムデュナメス、エクシア・デュナメス用武器セット(一部リゼル用もあり)の計5種です。

 今回はリゼルと拡張セットをレビューしますが、順次エクシアとデュナメスもレビューしますので、お楽しみに。

 ではリゼルと拡張セットのレビュー、いってみよー。

スポンサードリンク

リゼル(一般機)レビュー

 ではまず、リゼル(一般機)を見ていきましょう。

 

 はい、めっちゃかっこいいです。さすがはリゼル。量産機とは思えないようなカッコよさです。

 リゼルは特に下半身の面構成が複雑で情報量が多く、ボリュームがあります。MGで組んだ時にはかなり苦労した記憶がありますね。

 その複雑な構成をデフォルメしつつも詰め込んでいるので、下半身のむっちり具合がかなりあります。股間部分の突き出したパーツは取れやすいので、取り扱い注意です。

 頭部バイザー部分と肩のセンサーはクリアパーツで再現されています。額のメインカメラはメタリックピンクの塗装です。これらのパーツを交換することで、後述する隊長機仕様になります。

 バイザー部分は裏側にカメラ状の造形がモールドで表現されており、裏側からシルバーで塗装することで立体感を表現しています。

 バックパックはウイングがない形状の、ボックス・ユニットになります。

 付属品はビームライフル、ビーム・キャノン装備のシールド、いつもの台座となります。

 相変わらずの精密な造形で、塗装の省きはありますが全く気にならない出来になっていると思います。

 では、いくつかポーズを取らせてみましょう。

 シールドでガードしつつ、ビームライフルを構えて。フロントスカートが長いので、太ももは前方にほとんど可動出来ません。なので、飛翔感を出すためには足の裏を後方に向けつつ脚を広げるというのが良さげです。

 同じ弾のエクシアからビームサーベルを拝借しました。リゼルのサーベルラックは前腕上部にあるので、そこから引き抜くようなポーズを取らせることもそれとなくなら可能です。ビームサーベルが同梱されている弾は少ないので、エクシアゲット出来て良かったです。

 ビームサーベル持ち状態のまま、前腕部のグレネードランチャー発射!

 確か本編第1章(OVA版)で、一般機か隊長機か忘れましたがクシャトリアに向けて発射していたはずです。Zガンダムもここに誘導弾を装備してましたよね。

 右下腿部を外すことで、被弾後のリディ機を再現できます。あの人はデルタプラスの右膝もユニコーンガンダム2号機バンシィに踏みつけられて折られてますし、その後搭乗したバンシィノルンの右足もクシャトリアのファンネルミサイルに破壊されてますし、呪われてるのかなと思いたくなるぐらい右足破壊されてますね。

スポンサードリンク

拡張セットとリゼルC型をレビュー

 では次に拡張セットを見ていきます。

 内容物はこれと、台座になります。

 バックパックにマウントされるメガ・ビーム・ランチャーのアームの畳み方は左上(1枚目)の位置がこの商品的には正しいですが、収まりの悪さや設定画のランチャーの位置関係から、下の写真のようにアレンジしました。

 この方が一体感が増しますし、設定ではランチャーはかなり前方に伸びるようなデザインをしているので、この方がリアリティが増す気がします。

 センサーパーツとバックパックをウイング・ユニットに換装すれば、リゼルC型の完成です。

 左右と上方向に大きくボリュームアップしましたね。アンバランスさも含めて、私は通常型よりもC型の方が好きです。メガ・ビーム・ランチャー装備時にはビームライフルは装備しないらしいですが、武装モリモリの方が好きなので、手に持たせてます。重心が後ろに偏ってしまいますが、ちゃんと自立します

 翼は可変翼になっており、後方に角度を付けることが出来ます。設定ではこのウイング・ユニット搭載の機体は大気圏内での飛行も可能らしく、速度に応じて翼の角度を変えていたものと考えられます。

 「考えられます」というのは、劇中では一度も大気圏内で飛行していないんです。地上でも活躍するリゼルが見たかった……。

 次にポーズを取らせてみましょう。

 ランチャーを持たせての、素立ち。あまり無理することなく、ランチャーのグリップを持たせることが出来ます。しかしランチャーのアームが干渉するので、頭の可動域は少し制限されます。

 ランチャーを上げつつ、シールドのビーム・キャノンを向けて。あおり気味に見ると、ボリューム感も相まって、かなり威圧的です。

 ランチャーとシールドを構えて。アームの長さと腕の可動域の関係で、多少は砲身の角度を変えることが出来ます。

 確かEP.7でネェル・アーガマ所属機とネオジオンとの戦闘の際に、分離状態のバウからのミサイル攻撃を受けたリゼルC型が変形して写真のような体勢でシールドごと左腕を吹き飛ばされた後、腹部にビームサーベルを突き立てられて大破していたはずです。そうなる直前の状態だとしても、すごくかっこいいです。

さいごに

 いかがでしたか?

 こんなにかっこいいのに活躍の機会が少ないのが本当に不憫です。UCの続編であるNTでもバンバン活躍して欲しかったのですが、ほとんど登場しませんでした。調べた結果登場していることを知りましたが、記憶には残っていないくらい影が薄かったのが、残念でなりません。そう思いえるくらい、かっこいい機体だと思います。

 量産機ですので、リゼルは複数機集められれば飾り映えすると思います。通常機2機にC型1機みたいな編成出来れば個人的にはベストですが、ガチャで狙って出せる気はしませんし、単体だけ購入するというのはあまりやりたくないので、まずはこの1機を大切に扱いたいと思います。

 にしてもかっこいい。レビュー自体はしてませんがバンシィも持っているので、これでデルタプラスも発売してくれればリディ少尉の映像作品中での搭乗機体は出揃うんですけどね。

 気になった方は、ぜひチェックしてみて下さい。

 エクシアとデュナメスのレビューもお楽しみに。

 ところでこの機体、可変機なんですよ。ということは、変形させたいですよね?

 試行錯誤した結果、なんとか変形させることが出来ました! 詳しくはこちらの記事をご覧ください。

 ではまた!

スポンサードリンク

 

 

コメント